天使の葉酸が効果なしって本当!?

35歳で結婚した私は、早く子どもが欲しいと思っていました。生理は順調だったものの、卵子の老化ということもよく耳にしていたので、結婚当初から基礎体温と排卵検査薬を併用しての自己流タイミングを開始。しかし、2年経ってもさっぱり授からず。。

 

その時点で37歳。37歳で妊孕力がぐっと下がると聞いていたので大変焦り、不妊外来入力行くことを決めました。夫婦で受診したところ、主人には問題なし。私は卵管が少し詰まり気味だったのと、ストレス等で排卵が乱れることがあると言われました。卵管造影検査を受けたところ、その次の周期であっさり妊娠。とても嬉しかった反面、2年間何をしてたんだろう。。と後悔もしました。自分の歳を考えると、子どもを望むならすぐに検査だけでもすれば良かった、そうすれば2人産めたかもしれないのに。。と。

 

私にとって我流の妊活を続けることは後悔に繋がることだったと今となっては思います。卵管造影検査については、その痛みが何かと取り沙汰され、ネットなどでも騒がれているため避ける人が多いようです。けれどもそれをやることであっさり妊娠する人がたくさんいるのも事実。やろうかな、でも痛そうだしな。。と迷ってる人がいたら、思い切ってやろうよ!と言いたい。痛いことは痛いけど、死ぬほどの痛みではないです。

 

毎月真っ白な妊娠検査薬に出会う方がよっぽどつらい。今は妊娠9ヶ月。目立ったトラブルもなく、経過は順調です。卵管造影よりずっと痛い出産を思うとドキドキですが、我が子に会う日を楽しみに残り僅かなマタニティライフを楽しんでいます。